excitemusic

身の回りの非日常的なものへの驚き、日常的なものへの感じ方なを、自分の感性のままに
by hot_amigo
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ハーフマラソン 目標達成

 昨日行われた「いびがわマラソン」ハーフの部に参加しました。目標タイムは1時間45分。今年の春に初めて走ったハーフのタイムが1時間53分30秒だったからその後のランニングクラブでのトレーニングなどを考えれば十分可能なタイムだと思って設定しました。

 ハーフマラソンは、フルマラソンの半分の距離ですから、21キロと100メートル弱です。ここを1時間45分で走ると言うことは、1kmを5分丁度で走って、100メートル届かないということですから、ペーストしては1km5分つまり時速12kmです。

 この時速12kmというのが、実はジムのマシンの上ではなかなか厳しい数字だったのです。マシンの上で時速11kmでは10km走れるのですが、12kmとなると5キロくらいしか走れていません。それを21キロ続けるのですから、不安はありました。

 先週のクラブの練習のペース走では前半は押さえ気味、後半ペースを上げるという走りで20キロを1時間47分でしたから、これでは目標達成は出来ません。前半から1キロ5分を維持して走っていく必要があります。そして、そのようにプランを立てて、スタートラインに立ちました。

 スタート位置はほぼ最前列を確保。同じクラブの仲間と、同じ目標タイムで並んでスタート。最初の1キロくらいは少し上げ気味で入ろうということで、丁度4分半で通過。早すぎて少し負担があるなと思ったけれど、結果としてここでの30秒の貯金が大きかった。

 2キロ過ぎからはほぼ1km5分のイーブンペース。5キロ過ぎくらいから川沿いの登りコースに入る。基本は登りなのだけど、ゆるやかなアップダウンで、変化があって気持ちよい。そして沿道では沢山の子供達が応援してくれている、座布団に座って応援してくれるおばあちゃんもいる。

 僕は、結構スロースターターなのか5キロくらいまでは身体が暖まらず苦しいのだけど、その辺までは平坦なコースだったのでスムーズに乗り越えることができた。それでも、どうしてこんなことしてるんだろう?こんな苦しいことを好き好んでやるなんて・・・などとこの頃は自問自答しながら走っている。

 スタートでかなり前のほうに並んだこともあり、5キロくらいまではどんどん抜かれる。でも、なぁに見てろよ、後半必ず抜いてやると思いながらペースを守って走るが、集中してないとすぐに背筋が緩んでフォームが崩れる。ベタベタとしたゆるいフォームになって力が正確に路面に伝わらなくなる。集中して体幹の筋肉で身体を支えきちんと路面を捉える走り方に意識的に戻してやる必要がある。このことを意識するのはまだまだ自分の身体が長距離向けに造り上げられていないことだと思うのだけど、それを意識せずに走れるときが来るのか、やはりいつもフォームを確認しながら走るのが良いのか、もっと走りこんでみないと解らない。

 こんなことを考えながら走っている間にスタートラインで並んでいた同僚が少し先を行っている。5メートル、10メートルと少しずつ離されていき、少し慌てる。追いつこうとするが、彼はかなりとばしているみたいだ。多分キロ4分半くらいで行っている。ここは追いかけず自分のペースを守ったほうが良いと判断するが、やはり置いていかれるのは悔しい。

 そうこうする内に8キロ、9キロ地点に来ると折り返しをしてきたトップグループとすれ違うようになる。同じクラブの仲間を見つけては声を掛ける。お互いにこれはかなり励まされて気持ちを新たにして走ることができる。それにしても、クラブからこの男子ハーフには7人か8人が出走しているが、僕は後から2番目ではないか ^^; まぁ仕方ないな。

 途中、給水を受けたり、声援を受けたりしながら10キロ過ぎの折り返しに到達。この頃になると抜かれるのが少なくなり、今度は抜く側になってきている。

 ひとり女性と抜きつ抜かれつをしばし繰り返す。彼女とは下り坂で抜かれて、登りで抜くというパターンを数回繰り返すが、長い下り坂で随分と離されてそのままゴールまで追いつけなかった。僕の下りの走りに課題があるという事かも知れない。それで下りでは意識的にストライドを拡げ、ブレーキが掛からないように前傾しながら走ることを心がけるようにしたら、スピードに乗れるようになった。

 折り返しまでは基本が登りだったので、目標タイムに少し遅れ気味だった、それが下りになって一気に挽回している。しかし、この頃になると、太ももへの負担を感じてきていた。こんな感じは初めてだ。はやり下りの走り方に問題が有るのかも知れない。このまま最後まで持つのだろうかと少々不安。

 それでもペースは落とさず、距離はどんどん進んでいく。15キロ地点くらいが少し苦しい。まだ6キロもあるという事と、やはり1km5分のペースは僕の身体にかなりの負担を強いている。

 この辺に来ると周りのランナーも大体同じようなスピードの力の似通った人たちになっているから、走り方など参考になる。やはりフォームのきちんとしていない人はこの辺が限界なのか、少しずつ落ちていく。僕もここが頑張りどころ。自分のフォームを意識しながら確実に一歩を刻むように走る。

 沿道の子供達とハイタッチを繰り返しながら、気分良く走れる。残りの距離はどんどん少なくなっていく。ラスト3キロ位のところで、時計を見ながらもう一度スピードを上げ、頭の中で目標をクリアできるか計算する。大丈夫だあと15分で走りきれば目標はかなり余裕を持ってクリアできる。俄然やる気になるけれど、足が付いていかない。目はずっと先のゴールを探す。まだまだ先のほうは色とりどりのユニフォームを着たランナーが走っている。

 ゴールはスタート地点と少しはなれたところに置いてあった。しかもかなり手前。これは嬉しい。スタート地点よりも奥にゴールがあると、まだ走らなければならないのか、と気持ちが切れそうになるけれど、手前にあるとゴール地点を突っ切って走りこんで行けそうな気持になれる。

 ゴールと同時に自分の時計を止めて確認。記録は1時間43分54秒と1分以上も目標をクリアしている。何人かに1時間45分を宣言しているので、これは嬉しい。しかも1分程度の誤差というのは今の自分の力をかなり正確に把握しているということで、練習のプランなどもたて易くなる。

 昨日はスタート前ににわか雨が振ったり、かなり強い風が吹いたり、気温が低かったりとか、始めてのコースだったり、3月から2度目のハーフマラソンだったりと幾つかの不安要素はあったけれど、妙な気負いも無く、ある意味淡々と走れて、しかも目標クリアと大成功の一日だった。

 今シーズンはハーフが後3つ、初めてのフルマラソンを1つエントリーして有る。ハーフでしっかり自信を付けて、2月のフルマラソン完走を目指したい。
[PR]
by hot_amigo | 2006-11-13 11:32 | ランニング
<< タバコの 甘い香り 医者に ハナマルもらっちゃいました。 >>