excitemusic

身の回りの非日常的なものへの驚き、日常的なものへの感じ方なを、自分の感性のままに
by hot_amigo
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


マラソンの面白さ

 今年度のマラソンシーズンは先日の日曜日の10㌔レースでひとまず終了です。これからは夏場に入りますので、北海道などの涼しいところを除いては殆どレースがありません。したがって僕もオフシーズン入りで、基礎能力の強化に入ります。

 シーズン中は月に2回とかレースの入ることがあって、厳しい走りこみは出来ない。一度10㌔レースの前日にジムのトレッドマシンでかなり追い込んだ10㌔を走ってしまい、本番では4㌔しかもたず、歩いてしまったことがある。そんな訳で基礎的な走力をつけるトレーニングはレースのないこれからの季節です。

 マラソンとは厳密には42.195㌔のレースのことを言うのですが、一般的には10㌔のレースの大会でも「・・・マラソン大会」と言いますね。まぁ長距離レース一般をマラソンと言っちゃってますが、それはそれでも構わない。

 最近、久しぶりの人に会うと必ず「随分痩せましたね」と言われるので、必ずマラソンの話題になる。走ってるのですか、いいですねぇと言われるが、じゃ僕も走ろうとは誰も言わない。「いいですねぇ」と言うのなら走ればいいのに。でも、自分の生活習慣の中に新しい事柄を取り入れることの大変さはみんな解っている。まっ、だから生活習慣病になるのだけど・・・。

 それからもう一つ言われることは「ある程度走ると気持ち良くなって来るんでしょ」と言われる。ランナーズハイの事だろう。よく言われる言葉です。でも、僕はそんな経験はない。記録を狙って長距離を走っているときは、いつだって苦しい。苦しい、キツイと思いながらいつも走っている。

 気持ちが良いときもある。それは意識的に少しペースを落として走っているときだ。今まで気持ちがいいなぁと思いながら走ったのは、初めてのフルマラソンを走る2週間前にハーフマラソンを走ったときだ。フルマラソンのペースを確認するためにフルマラソンの設定ペースでハーフマラソンを走った。この時は気持ちよかった。ゆったりと景色や周りの人たちを観察しながら走る。21㌔を走るのだけど、17㌔位まで全く苦しさなど感じず走れた。欲を出して、17㌔辺りから少し飛ばして、随分多くの人をごぼう抜きに出来た。

 この事前のハーフがあったから2週間後のフルも余裕で走れた。30㌔過ぎまで全く余裕で、フルの厳しさを感じ出したのは35㌔辺りから。でもここまで来てると残りは7㌔程度。練習でいつも走っている距離だから、全く不安無しにゴールできた。もっともゴール後は足が全く動かなかったけど。

 マラソンをやっていて、僕が新鮮だと思うことは、思考能力ががっくりと落ちることだ。走っている時はとにかく足が重い、息が少し苦しい、ペースが速すぎないか、その程度の事しか考えていない。多分、脳に回る血液が少なくなるせいではないかと思うのだけど、どうなのだろう?

 頭の回転が極端に鈍り、ただただ肉体の事だけに意識が向いている。自分が単純な動物になっている事なのか。とにかく頭の中がシンプルになっている。

 マラソンをするためにか、した結果か、随分とスリムになった。そしてその上に記録に対する欲望が出てくるとより一段のダイエットを志向する。同じ心肺機能を持っていると仮定すると、単純に体重が軽いほうが消費エネルギーが少ないためにマラソンには有利なためだ。

 ダイエットのために食事制限をし、マラソンのトレーニングをする。当然、身体は空腹感を何時も感じていて、しかも疲労をしている状態にある。妙なことに、それが新鮮なんです。あぁ人間って、こうじゃなくちゃならないのかも、と感じるのです。

 人が太りやすいのは、太古の昔から常に飢餓に備えるように身体が作られているからと言われています。昔の人は、と言うよりも、人は常に空腹で、それを満たすために農耕や狩猟など肉体労働を行い、筋肉は疲労の状態にある。これが人間に備わっている平常の状態なのだと、実感できるのです。

 マラソンは人間の本来ある状態を再現し感じさせ、しかも走っている時はシンプルな一個の生命体であることを求める、そんなスポーツでは無いかと思えます。勿論、それは僕自身が感じていることであって、普遍的なものだ等とは思わないのだけど、自分自身はこのスポーツを楽しんでいます。
[PR]
by hot_amigo | 2007-05-17 10:58 | ランニング
シーズンの最後 >>