excitemusic

身の回りの非日常的なものへの驚き、日常的なものへの感じ方なを、自分の感性のままに
by hot_amigo
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マネーロンダリング し損ね

 会社のパソコンをメーカー直販のネットで買ったので、代金を振り込むために銀行に行った。 当座預金から小切手でそのまま振り込めば良かったのだけど、ちょっと都合があって、一旦現金にして振り込もうとしてしまった。

 最初にATMに並んだのだけど、よく見ると「この機械では現金でお振込みできません」と書いてある。係りに聞くと、10万円以内なら出来ますよとの事だったのだけど、20万円を越えるので、窓口で振り込もうと、番号札を持って待った。

 しかし、窓口で10万円以上の現金の振込みには身分証明が必要と言われた。そうだ!たしか今年からだったかな?マネーロンダリング防止のために10万円以上の振込みには身分証明が必要になったんだった。思い出した。

 免許証を出そうとしたら、なんと振込人の名義は、僕個人ではなく、会社名義だった。僕の免許証ではダメ。会社の場合は何で証明できるのか聞いたら、会社の登記簿謄本だと・・・。

マネーロンダリング

なんとも面倒な世の中。
[PR]
by hot_amigo | 2007-02-27 20:37 | もろもろ

今年は、異常に酷いんじゃないか?

確かにそういってたよなぁ

今年の花粉は少なめ? 20~30%減と環境省予測

 走ることを始めてから3年になるけど、ここ1,2年僕の花粉症は「おや?治ったのかな?」と思うほど軽くなっていた。走り始めたら体質が変わったのかなと、期待半分で喜び、楽観していた。

 それが、酷いひどい。一昨日くらいから物凄い。鼻と目に入る花粉の粒子が自覚できるようだ。鼻の奥にはムズムズ物質が張り付いているし、目にはゴロゴロ粒子が居座っている。

 数年前まで、花粉症は、主に主に杉の花粉などが都市部に集中するディーゼル自動車の排気ガスとくっ付いて、人間の粘膜を刺激するんだと言ってなかったかなぁ?それで2002年からディーゼルの排気ガス規制が強化されて、いま黒煙をはいて走るトラックが極端に少なくなっている。それなのに、花粉症は軽減されないぞ。

 こんなに酷い花粉症を患うと「日本中の杉の木を全部切り倒せぇ~」って叫びたくなる。いかに自然環境のなせる業とは言え、もう少し根本的な原因究明と対応策の策定は出来ないものなのか? まったく!ただでさえ保健制度がおかしくなっていると言うのに・・・。

 一説によると、日本人の1/3が潜在的に花粉症になる可能性をもっていて、その1/3が発症する。つまり10人に一人の割合で花粉症に罹っていると言う事らしい。ドラッグストアの売り場にはでぇ~~んと花粉症コーナーが構えている。
[PR]
by hot_amigo | 2007-02-24 13:07 | 季節の風景

残念だった演奏会

 昨年から、名古屋のコンサートホール「しらかわホール」の会員になりました。会員特典として早期予約と割引があります。妻と毎月1回ここに来ようということにしています。

 昨日は管楽器主体のアンサンブルの「レ・ヴァン・フランセ」の演奏会。ハーモニーの美しさは素晴らしいものでした。時には力強く、優美にそして染み渡るように。

レ・ヴァン・フランセ しらかわホール

 私も妻も決してクラシック音楽に造詣が深いわけではありません。むしろ従来はコンサートなどもたまたまチケットが手に入った場合とか、ちょっとお義理で購入した場合など限られた機会にしか来ていません。せいぜい年に数回程度。

 だから、CDなどで名指揮者の演奏とか、有名なオーケストラの演奏を聴くということではなく、実際にコンサートホールで生で演奏を目の当たりにし、ビジュアルも含めて楽しむという楽しみ方を選択しています。その為に「しらかわホール」の会員になったのです。

 11日はとても素晴らしい演奏だったのですが、私達の座席の位置が最悪だった。

 実はこのプログラムはかなり人気のプログラムで、良い座席はほとんど売り切れで、僕が予約しようとしたときには2階のバルコニー席しか空いてなかった。係りの人に聞いてみると、ホールの造りはしっかりしているので、音はご満足いただけますよとのことだったので、まぁいいかとチケットを購入した。

 当日、実際にその席に座ってみると、ステージが全く見えない。前席の人の頭もさることながら、手すりと柵があって、角度的に全く見えない。身を乗り出しても見えない。特にアンサンブルでステージの中央に演奏者が集まっているので、僕らから見える範囲のステージの隅には誰もいない。

 1階席で5席連続で空いている場所があったので、中間の休憩の時に係りの人にそこが空いているのなら変更が出来ないだろうかと相談したが、予約で満席との事。しかし、僕らの隣にいた女の子2人組みは、休憩時間中に係りに無断で1階のその席に移動してしまった。

 結局その席は最後まで予約した人が来なかったみたいで、女の子達は後半は最後までそこで聴いたいた。僕らは万が一嫌な思いをするのも嫌なので、2階席に居続けたが、演奏をビジュアルに楽しめなかったのは、本当に残念だった。

 教訓:予約は早めに。2回のバルコニー席は2度と座らない。
[PR]
by hot_amigo | 2007-02-13 18:58 | もろもろ

やったよ! 初マラソン 目標達成!

start
 1
 2
 3
 4
 5   28'51
 6   5'24
 7   5'23
 8   5'24
 9   5'27
10   5'26
11   5'33
12   5'29
13   5'42
14   6'07
15   5'33
16   5'36
17   5'55
18   5'36
19   5'25
20   5'30
21   5'36
22   5'33
23   5'30
24   5'40
25   5'37
26   5'31
27   5'32
28   5'35
29
30   11'18
31
32   11'05
33   5'37
34
35   11'20
36   5'37
37   5'36
38
39   11'37
40   6'06
41   5'43
42   5'40
end 3:57'34"

 明け方には小雨がぱらついた様だが、目が覚めた頃には曇り空となっていて、朝の気温もちょっと高め。予報では昼頃から晴れてきて、暖かい冬の一日となるとの事。絶好のマラソン日和。

 僕の初マラソンは、家族とともにホテルで目覚め、ゆっくりと朝粥定食をいただきリラックス状態から始まった。会場までは車で送り届けてもらい、家族はそのまま奈良の町の見物に、僕は会場でゼッケンなどを受け取り、その後軽いジョギング。

 スタートは3時間30分から4時間の位置に並ぶ。皆には完走が目標なんですよ、とか言っていたのだが、実は密かにsub4、つまり4時間切りを狙ってはいる。初マラソンでsub4は贅沢かなぁ? この週の練習は、9キロの帰宅ラン、出勤ランをそれぞれ一回しただけで、全く走りこめてはいない。まぁ身体に疲労感が無いほうが僕は好きだ。

 号砲一発、スタート・・・・・なのだが、しばし足踏み1分はその場にいた。ようやく動き出すが、トロトロ、ノロノロが2キロ地点くらいまで続く。まぁこれは仕方ない。焦らずのんびり行こうと決めている。こんなことなので、1キロごとにある標識は全く気付かず。ようやく3キロ地点の標識を見つけるが、計測しようか、5キロごとの計測にしようか迷う。

 5キロ地点に来て、ようやくラップをとると、驚くことに28分51秒。心の中では1キロ5分30秒程度で行こうと思っていたので、目標は5キロで27分30秒だ。全体ではキロ5分40秒のペースでsub4は達成できるのだけど、後半のことを考えると、前半では少し貯金が欲しい。だからちょっと焦る。

 ここから少しペースを上げてみる。それでもハーフは1時間42分台で走っているのだから、この少し上げたペースでも全く負担感は無い。軽く、心地よく、楽しみながら走れている。10キロ位までは5分半を切るペースでもゆったりと走れているが、10キロを越えた辺りから少しフォームを意識して走らないとタイムが落ちていくようになった。そんな状態が25キロ地点くらいまで続く。

 25キロを過ぎた辺りからしっかりと体幹を意識して、骨盤から踏み出す感じを意識してフォームの崩れを防ぐように走る。マラソンは30キロからが苦しいと聞いているが、まだまだ苦しいような状況ではない。果たしてこの後どんな変化が待っているのか、いろいろ想像を巡らしながら走っていく。

 30キロ。長いなとは感じるが、まだまだ身体は持つ。時々感じていた膝の横の筋の痛みもあまり気にならなくなってきている。でもまだまだ回りを見る余裕もあって、30キロ過ぎで折り返してくる同じ走友会のメンバーを探す余裕もある。前を行く女性のスッパッツの美しさに見とれてしまうこともある。

 しかし、35キロあたりから、来ました。足が固まってきた。普通に走ることしか出来なくなってきている。ちょっと上り坂、下り坂になると対応できない。特に下りは足を踏み出せない。情けないがトボトボ降りていく感じ。かなり足にダメージが来ている。

 ラスト5キロで少しスパートしようと考えていたが、100メートル位はスパートできるが、それ以上は続かない。気を抜くと歩幅が極端に小さくなっていてスピードが落ちている。ここは頑張らないといけないと気合を入れる。そろそろ肉体的な要素ではなく、精神的な部分での頑張りが必要な時期になっているように思う。

 沿道のスタッフが「頑張れ!サブ4いけるぞ」と声を掛けてくれる。前回のハーフマラソンでも実感したが、沿道で応援してくれている人たちの声援、そしてそれに答える事が僕のモチベーションを随分と高めてくれる。自分の中でも「頑張れ、こんなところで挫折したんじゃつまらんぞ。もう数キロだけだ、頑張れ」と声を掛けながら進む。スピードも絶対に落とすまい。

 ゴール地点の橋が目の前に迫ってくる。もう少しだ、もう少しだと言い聞かせ自分を鼓舞する。沿道の人たちもみんな声を掛けてくれる。ここが一番辛いのだけど、一番嬉しい。

 ネットで3時間57分34秒。 グロスでも3時間58分台。

 かろうじて4時間を切ったと言うことだけど、まずは目標通りの結果で、走りも目標通り。結果には満足しています。でも、自分にこれ以上早く走る力が有るのだろうかと言うと、それは疑問だ。少なくとも、今の力ではこれがベストだと思う。

 とりあえず目標にしていたフルマラソンの完走は、果たせた。さぁ、次の目標はどこに置こうか。楽しみだ。
[PR]
by hot_amigo | 2007-02-05 19:36 | ランニング

初マラソンを明後日に控えて

いろいろ準備をしてしまいました ^^;

まず写真のような 痛み対策グッズをいっぱい。

a0024585_1134537.jpg


そう、最近ちょっと走ると左ひざに痛みがくるのです。多分これは暫く走っているととれてしまう痛みだと思うのですが、正月2日に走ったときは、全くとれずに、30キロでギブアップしてしまったことがあります。    もっとも この時は、右のひざだったのですが。

防寒用のタイツも持っていたのですが、これがひざにちょっと違和感があるので、新しいのを買いました。またウエストポーチもちょっと大き目のを買いました。ここにエアサロンパスやキャンディーを入れて走ろうと思ってます。

当日は、京都でのレースなのですが、車で行っても帰りは絶対に足が痛くて、それに眠くて運転して帰れないだろうと思い、妻について行ってくれるように頼みました。

そうしたら、京都に前泊となり、ついでに嫁に行った二人の娘も一緒に泊まりに来るとか・・・。

大騒ぎです。
[PR]
by hot_amigo | 2007-02-02 11:35 | ランニング